有限会社人形処たちばな

後悔しない!雛人形・五月人形の選び方。

ひな人形・五月人形の選び方
  • 人形処たちばな

    人形処たちばな

    〒440-0813
    愛知県豊橋市舟原町246
    フリーダイヤル:0120-53-9848

HOME >  選び方  > 五月人形の選び方Ⅱ

五月人形の選び方Ⅱ

  • 私の五月人形選び

    私の五月人形選び

  • 草摺り(くさずり)

    着用すると大腿部あたりになります。
    歩く時、草と摺れあうことからこのように呼ばれます。
    馬に乗るため左右が少し長め、前後の中央に切れ目があります。

  • 逆板(さかいた)

    背中を二重に守り、腕が自由に動くように、板がもう一枚付けられています。


  • 縅(おどし)Ⅳ

    ほんとうにこんな色があったのだろうかと思うような色です。
    縹(はなだ)です。


  • 弦走(つるばしり)

    胴は「弦走」(つるばしり)と云い矢を射る時矢が引っかからないように鹿革が張られ、不動明王などの絵が染められています。
    鹿皮は千年、色が変わらず、1平方センチに数千の毛穴があり通気性にも富んでいます。

  • 吹き返し・小縁(こべり)

    兜の耳にあたる部分を吹き返し、その縁(ふち)を小縁(こべり)と云います。
    小縁は赤い革で覆われます。
    赤は魔除けの色です。

  • 忍緒(しのびお)

    勝って兜の緒を締めよ!と云われる兜を結ぶ紐のこと。
    節句飾りと云う事で、「石畳」と云う装飾用の結びを使用しています。

  • 冠板(かんむりのいた)

    大袖(おおそで)の上部にあります。
    菖蒲の透かしが入り、アールのある化粧板がついています。


  • 繰締緒(くりしめのお)

    鎧を腰に結びとめるための紐。
    節句飾り用として装飾的に結んでいる。


  • 篠垂(しのだれ)

    兜の正面にある3本の矢印のような装飾金具。



ページの上へ戻る